『Free Culture』を読んだ

Free Culture

Free Culture

あるいはLessig先生の『我が闘争』か。
丁寧な議論と豊富な事例が鈍器のような厚さになってるので、状況のひどさは強く再確認できました。